2011年05月28日

AKB大島1位、板野出遅れ…総選挙速報

AKB大島1位、板野出遅れ…総選挙速報
 暫定1位に感激する大島優子(撮影・田村亮介) 人気アイドルグループ・AKB48の22枚目シングルの選抜メンバーを決める「第3回AKB48選抜総選挙」の開票速報発表が25日、東京・水道橋の東京ドームシティホールで行われ、昨年1位の大島優子(22)が1万7156票を集め連覇へ好発進した。昨年2位の前田敦子は704票差で2位。昨年8位の柏木由紀(19)は3位に、同19位の指原莉乃(18)も7位に大躍進した。一方で同4位の板野友美(19)は8位と出遅れるなど、上位常連組は厳しいスタートとなった。今年は中間発表を行わないため、次の開票は6月9日に日本武道館で行われる開票イベントとなる。

  ◇  ◇

 司会者が「2位はチームA、前田敦子…」とアナウンスした瞬間、大島は周りをゆっくりと見回し、大きく息を吐いた。暫定ながら1位の発表がある前に、会場を埋め尽くした2000人のファンから「優子!優子!優子!」と地鳴りのような大合唱がわき起こった。

 3年連続“絶対的エース”前田との一騎打ちの様相となった。2位前田との差はわずか704票。昨年も597票差の結果となっただけに、歓声が鳴りやまない客席に何度も何度も頭を下げ「まだ途中経過ですから!」と自分に言い聞かせるかのように周囲を静めるのに必死だった。

 1位発進は3回目の総選挙で初めて。だが、大島は順位よりも得票数の多さに驚きを隠せなかった。昨年の速報1位の前田が6846票。その約3倍。関心の高さに「感謝してもしきれない。これからもAKB48と『Everyday、カチューシャ』をよろしくお願いします!」と深々と頭を下げた。

 AKB68人、SKE57人、NMB25人の史上最多150人で争う選挙戦。21位以内の選抜メンバーには横山由依(18)、増田有華(19)、倉持明日香(21)、高柳明音(19)の4人が初登場。さらに柏木、指原といった若手メンバーが急浮上した。一方で、上位常連のメンバーが苦戦。昨年3位の篠田麻里子(25)は6位に、同4位の板野も8位、同7位の小嶋陽菜(23)は10位になるなど、波乱含みのスタートとなった。

 投票権付きシングルの売り上げ枚数が投票に比例することから、今年の1位獲得票は10万票を突破する可能性も。国民的関心事になろうとしている今回の総選挙。最後に笑うのは大島か前田か、もしくは伏兵が飛び込むのか、目が離せない。

posted by mizu at 19:34| Comment(0) | 芸能 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。